ikeの日記

PhD student in Political Science @ DCによる雑記。日々のあれこれ。留学のこと、研究のこと。

投票参加は集合行為(!?)

最近自分の周りでは投票の話題が多い。理由の一つは、投票日が来週の火曜日に迫っている、中間選挙である。そしてもう一つ自分の大学に固有の事情として、大学院生労働者(TA・RA)の労働組合化の是非を問う院生投票が現在行われていることがある。

ところが自分は政治学研究者としては嘆かわしいことに、投票権のない前者のみならず、後者にも興味がわかない。
その理由としては、(i)自分が投票したところで結果は変わらない、かつ(ii)労働組合化のメリット・デメリットを調べて自分の意見を決めるのがおっくう、という点にある。

ここで面白いのは、自分が労働組会化について投票しない理由が、政治学における古典的な政治参加の議論に完全に合致している点である。
Riker and Ordeshook (1968)に代表される合理的選択論による議論では、投票参加は集合行為の一種と考えられる。つまり、社会全体としては有権者による投票参加が望ましいにもかかわらず、個人レベルではコストがその便益を上回るため、投票参加は「合理的」ではないのである。1

近年では投票参加を集合行為と捉える研究は減っているし、個人的には有権者の行動を合理的選択論を用いて説明することには否定的だ。
ただ、今回の件で投票参加についてはある程度(例えば選挙の特質によっては)合理的選択論的な説明もあってもいいという気がしてきた。2

もっとも、規範的にはいかなる選挙であっても権利がある限り投票をすることが望ましい。
今回自分はその規範から逸脱するが…。


  1. Riker and Ordeshook. 1968. “A Theory of the Calculus of Voting.” APSR 62(1): 25-42. かの有名なPr(Vote) = PB - C + Dという式を提示した論文である。

  2. Aldrich (1993)によると、投票参加はコストも便益も低く、これらのちょっとした変化で参加の確率が変化するため、集合行為ではない。ただ、選挙の性質によってそのコストは大きく変わるため、投票参加が集合行為である場合もあり得るだろう。Aldrich (1993). “Rational Choice and Turnout.” AJPS 37(1): 246-278.

APSA雑感

8月の終わりから9月の始めにかけて、American Political Science Association (APSA)の年次大会のためボストンへ行ってきた。

APSAは政治学ではおそらく2番目に大きな学会であり、報告の申し込みはかなり倍率が高いことで知られる。
授業で書いたサイドプロジェクトのペーパーを出したら何故かポスターで通ったため、報告のため今回初参加してきた。

行ってみた感想だが、個人的には若干失望したところがあった。
行く前は、倍率も高いことだし報告のレベルは全体に高いのだろうと考えていたが、実際には少なくとも平均的にはMidwest, Southernといった地域学会とそれほど大差はない印象を受けた。
報告者の数もかなり多いので、水準の高い報告もあったが、かなりレベルの低いペーパーも多々あった。

自分のポスター報告は、初日の昼だったこともあり、4人しか見に来なかった 笑。
ただ、それなりに納得できるコメントがもらえたのはよかったし、学内でもらえるコメントがかなりレベルが高いことも改めて認識できたので、そこそこ満足できた。

参加してみてもう1つ分かったことは、自分はやはり地域研究としてのアメリカ政治ではなく、比較政治や政治学一般に興味があることである。
今回ある程度パネルを見に行ってみたが、自分が興味を持ったのはいわゆる"Americanist"的なパネルではなく、世論研究や政治心理学一般のパネルだった。
アメリカ政治を対象としていても、自分としては得られた結果の一般化可能性に注意が払われていない研究は面白いとは思えなかった。
こんなこと今頃わかっている時点で問題だが…。
せっかくなので、今後はより自分の興味がある方向性で自分をラベリングしていければと思う。

ということで、パネルの水準には不満はあったが、そこそこ学びがあったとはいえるだろう。
会いたいと思っていた人たちにも結構挨拶できたこともよかった。
結論としては、そこそこ満足できた、といったところだろうか。

ちなみに行く前には結構観光できるのではないかと期待していたが、結局ほとんどそのための時間は取れなかった。
お土産も結局地下鉄のチケットだけ…笑 ↓

f:id:ike_og:20180912171828j:plain

ガンマ分布と逆ガンマ分布

ブログに数式とコードを書く方法を学習したので、備忘録代わりに。

shape parameterが \alpha、scale parameterが \betaのガンマ分布の確率密度関数


f(x|\alpha, \beta) = \frac{1}{\Gamma(\alpha)\beta^{\alpha}} x^{\alpha - 1} \exp(-\frac{x}{\beta})

一方shape parameterが \alpha、scale parameterが \betaの逆ガンマ分布の確率密度関数


g(x|\alpha, \beta) = \frac{\beta^{\alpha}}{\Gamma(\alpha)} x^{-\alpha - 1} \exp(-\frac{\beta}{x})

ここで y = 1/xとおいて確率変数の変換公式を適用すると、


\begin{aligned}
f(x|\alpha, \beta) &= \frac{1}{\Gamma(\alpha)\beta^ {\alpha}} x^ {\alpha - 1} \exp(-\frac{x}{\beta})  \\
&= \frac{1}{\Gamma(\alpha)\beta^ {\alpha}} \frac{1}{y}^ {\alpha - 1} \exp(-\frac{1}{\beta y}) \frac{1}{y^ 2}  \\
&= \frac{1}{\Gamma(\alpha)\beta^ {\alpha}} y^ {-\alpha - 1} \exp(-\frac{1}{\beta y})  \notag \\
&= g(y|\alpha, \beta^ {-1}) \notag
\end{aligned}

よって、例えばRのrgamma()関数を使ってshape parameterが5、scale parameterが0.1の逆ガンマ分布から乱数を発生させたい場合には、

x <- 1/rgamma(n = 100, shape = 5, scale = 10)
# or
x <- 1/rgamma(n = 100, shape = 5, rate = 0.1)

という様にscale parameterをrate parameterに置き換えないといけない。

いつもコードを書くときにわからなくなって数時間無駄にするので、メモ。

7月に読んだ本

本にだけに限ってリスト化するのもおかしいけど、メモ。

  • Mason, Liliana. 2018. Uncivil Agreement; How Politics Became Our Identity. University of Chicago Press.
  • Klar, Samara & Yanna Krupnikov. 2016. Independent Politics: How American Distain for Parties Leads to Political Inaction. Cambridge University Press.
  • Ellis, Christopher & James Stimson. 2012. Ideology in America Cambridge University Press.
  • Kriner, Douglas L. & Andrew Reeves. 2015. The Particularistic President: Executive Branch Politics and Political Inequality. Cambridge Universiy Press.
  • Kevin, Arceneaux & Martin Johnson. 2013. Changing Minds or Changing Channels? Partisan News in an Age of Choice. University of Chicago Press.
  • Rosenstone, Steven & John Mark Hansen. 1993. Mobilization, Participation, and Democracy in America. MacMillan.
  • Rudalevige, Andrew. 2002. Managing the Presidents Program: Presidential Leadership and Legislative Policy Formulation. Princeton University Press.
  • Imai, Kosuke. 2017. Quantitative Social Science: An Introduction. Princeton University Press.

Compの準備中としてはやや少ないが、帰省や引っ越しがあったことを考えるとやむを得ないか。

Imai(2017)はTAの準備として読んだのだが、randomization inferenceやstatistical powerについてわかりやすく書いてあり、自分のためにもなってよかった。

Tokyo Central

なぜ今まで知らなかったのだろう、こんなに便利なのに。

Tokyo CentralというのはMarukaiというカルフォルニアにある日本食スーパーがやっている通販サイトなのだが、アメリカに2年いたにもかかわらず、帰省中親に教えてもらうまで存在を知らなかった。
(ちなみにリンクはこちら→https://www.tokyocentral.com/)

このサイトの素晴らしいところは、アジア系のスーパーが近場にないとなかなか手に入らないものが購入できるところである。
例えば、
f:id:ike_og:20180729094140j:plain 柿ピーもある 笑

通販特有の問題(例えば品切れで希望する商品が買えなかったり、送料がかかったり、消費期限が近いものが届いたり)はあるものの、便利であることは間違いない。
普段からアメリカ食(?)ばかりでは不都合なので、こうやって日本で食べていたものが手に入るのは(少なくとも自分にとっては)ありがたい。

散髪

アメリカに来てからは自分で散髪している。

理由は3つあり、①アジア人の髪は白人のものより硬いためこちらの理髪師には扱いにくい(らしい)、②アジア人がやっている理髪店は非常に高いため私の財力では支払い不可能、③非アジア系によって経営されている理髪店ではよっぽどかハサミではなくバリカンで散髪するうえに最低でも20ドル程度は取られるため、あえて他人にやってもらう付加価値が低い、ということによる。

最初は自分でやると時間もかかったし、特に後ろがうまくいかなかったが、最近はそこそこうまくなったと思う。(もっとも、それは自分がきれいな髪形をしていることによって得られる価値に重きを置かなくなっただけかもしれないが…。)

ただ、掃除を楽にするため風呂で土下座(?)みたいな恰好をして散髪するので、他人にはおよそ見せれられない 笑。

Comcast

今年の夏引っ越すのだが、移動先のアパートはComcastしかインターネットが使えないらしい。
ただ、この会社、サービスが悪いことで非常に有名なのである。

申し込みの手順は、①まずComcastのホームページに住所を入力し、②プランを選択し、③モデムを借りるか自分で調達するかを選び、④最後にモデムの設置を自力でするかtechnicianに来てもらうかを選ぶ、という感じ。
自分はトラブルを最小化するため、モデムは借りることに、また設置は簡単そうだったので自分でやることにした。さらに、Comcastのショップが近所にあったので、モデムも郵送ではなく自分で取りに行くことにした。
結果、トラブルといえば最初Wi-fiを認識できなかったことくらいで(それもモデムをreset + rebootしたら解決した)、割と簡単にインターネットを設置することができた。

ただ、何しろ評判が悪い企業だから(?)、これからも油断は禁物である。
しょっちゅうインターネットが止まるとか、支払いでトラぶるとか、いろいろあるらしいので…。

それにしても、住んでいる場所の問題か、やたらと料金が高い。なんとかならないものか…。